最近頭頂部の髪が薄くなってきたと指摘される事の増えてきた37歳男性です。

父も祖父もかなり若い時(20代から)頭頂部の肌が露出しているようなレベルのハゲの家系でしたので、私もいずれは・・・と10代の頃より常々覚悟はしていたのです。

・・・が、10代を終え、20代になり、20後半を過ぎるまでは症状がでずにいたもので、30代に差し掛かっても暴飲暴食で不摂生を繰り返していました。

そしてつい先日久しぶりに再会した友達から言われた衝撃の一言「お前はげたなぁ」

その時は「めっちゃフサフサやん?」などと笑って返しましたが、内心やはり不安で帰宅して正面から鏡を覗き込みました。

正面からは普段通りなので、安心しかかっていましたがふとそのとき思い浮かんだのが頭頂部の辺りは自分で鏡ではチェックできないのでは・・・?ということでした。

そこで恐る恐るスマホのカメラで自分の頭頂部を撮影してみると・・・、確かに頭頂部は黒くないというよりむしろ肌色。

今まではげてないと思い込んでいたため衝撃を受けました。

その時脳裏をかすめた事は、やはり日ごろの不摂生。ですが、覆水盆に返らずという言葉がありますが、毛髪も似たような物なのでしょう。

プロペシア等の薬に頼るという方法も20代の頃から調べてはいましたが、そういうのはやはり気になるのは副作用です。

男性機能低下のリスクを承知で薬に頼るか、このまま遺伝子に抗わずに受け入れ開き直るか・・・いきなり答えのない二択を突きつけられた気分です。

今後どちらを私が選択するかはまだ決めかねています・・・が、優柔不断で居ると強制的に後者を選ぶに等しい事になりますよね。

今後どうしましょうかね、ある意味人生の岐路に立った気分です。てっぺんはげの原因究明!